あなたの願いが叶わない理由?潜在意識の単純な仕組み

この記事は3分で読めます

どうもu.kenです。

 

このブログを読む多くの人は、

潜在意識という言葉を聞いたことがあるかと思います。

 

ネット上には、潜在意識の説明でよく氷山に例えられています。

我々の行動、思考、人生は、

顕在意識が5%、潜在意識95%の割合で出来ていると。

 

「人生を変えたいのであれば、潜在意識を変えましょう。」

とよく耳にしますね。

では、

実際のところはどうでしょう。

頑張っているのに現実が何も変わっていない、という人が大半ではないでしょうか?

 

何故か?

あなたの潜在意識は、現状が大好きだからです。

現状に留まっていたいからです。

 

あなたは、

これまで頑張って来たかもしれない。

たくさんの知識情報を集め、お金をたくさん使ってきたかもしれない。

毎日毎日、叶えたい事ばかりを考え生活してきたかもしれない。

 

でも変わらなかった。

当然の話です。

 

人生の決定権は、潜在意識が9割以上を占めています。

その潜在意識が現状のままがいいと言っているんです。

あなたの意見は通るはずがありません。

 

では、どうすれば良いのでしょう。

ここで1つ質問です。

あなたは、その願望を本当に叶えたいですか?

 

「そんなの当たり前だろ」

「叶えたいからこんなに頑張っているんだろーが」

「ふざけてんのか」

こんな言葉が出てくるかと思います。

 

私も同じところで苦しんでいたので、気持ちは凄く分かります。

ですが、

何故あなたの叶えたい願いは叶わないのか。

 

ここで質問の角度を変えてみましょう。

あなたは、その願いを受け取れますか?

、、、

、、、

くどいですが、大事な事なので、もう1度問います。

あなたは、その願いを、

本当に心の底から受け取ってもいいと思えますか?

、、、

、、、

 

どうでしょう。

願いが叶ったイメージをする際、心がモヤモヤしませんでしたか?

『ウッ』と、心が少し抵抗しませんでしたか?

その感覚は見逃さないでください。

めちゃめちゃ重要なメッセージです。

 

月収1000万になりたい。あの人と付き合いたい。こんな生活を送りたい。

どんなに叶えたいと思っている夢や願望であれ、

心に抵抗を感じていれば、

あなたの潜在意識は、その願いを叶えたくないんです。

 

潜在意識というのは、

何かとても偉大なもの、よく分からない凄いもの、

何か凄い力で願いを叶えてくれるもの、

自分ではない大きな存在、

そんな、漠然とした認識を持っている人が多いのではないかと思います。

 

正直、潜在意識というのはそんなに凄いものではないんです。

もっと単純です。

自分にとって『メリット・デメリットの判断』

これしかしていません。

 

あなたの現状が変わらない理由は、

脳が、

現状のままでいる事に、メリットを感じているから。

 

あなたの願い、理想の人生が手に入っていない理由は、

脳が、

理想の人生を手にする事、必要な行動をする事に、デメリットを感じているから。

 

 

願いを叶える。

それで得られるメリットはたくさんあるでしょう。

だからこそ、願いを叶えたいんですよね。

 

ですが、

その願いを手にする上で、デメリットも必ず存在しています。

 

この世界には、決まっている法則として、

男女、大小、ポジティブネガティブ、太陽月、メリットデメリット、プラスマイナス

相反するものがあり、バランスを取っているみたいです。

この事を『陰陽の法則』と呼ぶみたいです。

 

残念ながら、

片方だけというのはあり得ないんです。

本当はポジティブだけが良いんですが、そういう訳には行かないみたいです。

必ずセットになっています。

 

 

あなたの叶えたい願いには、

どれだけデメリットがありますか?

 

叶えるためにしなければいけない事はなんでしょう。

叶った後、起こるであろう出来事はなんでしょう。

リスクを取る?

やりたくない事や面倒くさい事と向き合う?

批判や中傷を受け入れる?

 

そのメリット・デメリットの両方を、受け入れられた時、

あなたの潜在意識は、本当の力を出せます。

人生の扉は開いていきます。

 

そして、

気づきます。

 

扉は目の前にあったことに。

努力はしなくていいという本当の意味に。

 

人生あなた次第です。

応援しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2020 01.08

    はじめまして

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

どうもukenです。   この記事を開いた方は、引…
どうもu.kenです。   自己否定ばかりで全く自…

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。